パッションフルーツは元々南米が原産地で日本には明治時代に伝わり沖縄や鹿児島などの暖かい地域で主に生産されています。パッションといえば英語で情熱という意味ですがパッションフルーツのパッションは情熱を意味するのではなく「キリストの受難」を意味するそうです。これはパッションフルーツの花の一部にある十字の形がキリストが十字架にかけられた姿に似ていることに起因しているようです。パッションフルーツはジュースにしたりゼリーにするのが一般的ですが種ごとスプーンですくってそのまま食べるのもおすすめです。食べ頃の目安としては表面の皮にしわがよってきたころが酸味も減って美味しいとされています。パッションフルーツは栄養価が高く皮膚や粘膜を強くして免疫力を高め風邪の予防に効果的でがんや老化予防も期待でき、二日酔いの予防にもいいとされています。お求めの際はぜひ近金果実店で!