日本では昔から親しまれている葡萄デラウェアは1872年にはすでにアメリカから日本に入ってきていたそうです。小粒ですがとても甘く甘さを支える酸味とのバランスも非常に良く、種もなく皮を強く押すとツルっと中身が出てきて食べやすいということも日本で親しまれてきた理由の一つにあるのではないでしょうか。日本では葡萄類の中では巨峰に次いで多く栽培されているということからも人気の高さが伺えます。糖度は20~23度くらいあるとされています。これからは徐々にですが葡萄の季節です。新しい葡萄たちが入荷次第またお知らせしていきます。お求めの際はぜひ近金果実店で!