柑橘類が旬の時期になりつつありますね。みかんもそうですしポンカンや伊予柑、はるかにせとか、天草等々どれをおすすめしようか迷うほどです。そんな中、今回はデコポン(不知火)について紹介しようと思います。以前にも紹介したことがありますがやはり人気が高い果物のひとつだからです。不知火(デコポン)という名前は発祥の地、熊本県は不知火地区からきています。では、デコポンと呼んだり不知火と呼んだりする謎について。実はデコポンという名前は商標登録されていて日園連に加盟するJAのみがデコポンという名前を使えます。加盟していない農園は使えないので不知火という名前を使います。ただ単にデコポンと不知火という名前の違いだけではなく実は、デコポンに関しては全国統一の基準があり糖度が13度以上でクエン酸が1.0以下でなくてはなりません。つまりデコポンは酸っぱさが少なくて甘いということです。その基準を満たさないものは不知火ということになるのですが、JA以外の農園が出荷する不知火については当然基準があるわけではないのでデコポン同等以上の甘みがあったりまたはなかったり、酸味についても様々で、要するに食べる人にとって言い方は悪いですがアタリハズレがあるわけです。とは言っても不知火といえど美味しいものは美味しいのです。当店はより美味しいものを店主が選んで仕入れて来ておりますのでお求めの際はぜひ近金果実店で!