%e3%83%87%e3%82%b3%e3%83%9d%e3%83%b3-2ハウス栽培のデコポンが入荷しました。デコポンは今シーズン初めての入荷で大分県産です。ポンカンと清見オレンジの掛け合わせのいわゆるデコポンは糖度13度以上で酸味が少ないのが特徴です。ほとんど種もなく実を包む袋も薄いのでそのままお召し上がりください。実も食べごたえがあり味も濃く非常に人気があります。名前をデコポンと言ったり不知火(しらぬひ)と言ったりみなさんも疑問に思ったことはないでしょうか。元々は生産を始めた熊本県不知火町にちなんで不知火と名付けられました。不知火の中のデコポンという名前は商標登録がしてあり、日園連に加盟する全国のJAのみがこのデコポンという商標を使用することができます。加盟していない農園は不知火として出荷します。佐賀県の吉森果樹園では「凸百恵」というユニークな名前で独自に出荷しているところもあります。不知火と違いデコポンには糖度13度以上でクエン酸1.0%以下と決まっており酸味も強くないことになっております。基準を満たさないものは不知火として出荷されることになります。今はハウスデコポンですが2月頃から露地ものも出てきます。デコポン(不知火)ファンのみなさま、またはデコポンを贈りたいと考えているみなさま、お求めの際はぜひ近金果実店で!