長野県産の洋梨(ラ・フランス)が入荷しました。ラフランスは1864年にフランスのクロード・ブランシェによって発見されそのあまりの美味しさにフランスを代表する果物にふさわしいということで「ラ・フランス」と名付けられたようです。ところがラフランスは開花が早いのに結実するまでに多くの手間暇がかかるため現在ではフランスではラフランスはあまり栽培されていないようです。日本には1903年にラフランスがもたらされ紆余曲折を経て現在最もポピュラーな洋梨としてその地位を確立しています。洋梨はなんでもそうですが特にラフランスにおいて美味しく食べるうえで一番大切なのが食べ頃になるまで待つということですね。お店でラフランスを購入してきたからといってすぐに食べようとするのは失敗につながります。購入時に店員さんが食べ頃ですとおすすめしてくれる場合は別ですが、スーパーなどでラフランスを購入した場合はそれが熟れるまで待つ必要があります。じゃあいつまで待てばよいのか…それはラフランスの頭の軸のところを指で軽く押してみて弾力を感じたりややへこむくらいになると食べ頃だとされています。購入して熟れるまで数日かかるかもしれませんが辛抱強く待つことが美味しいラフランスを食べることにつながります。お求めの際はぜひ近金果実店で!