ご存知ない方もいるかもしれませんが長野県産のル・レクチェが入荷しました。ル・レクチェは1882年にフランスで生まれ明治36年に日本にやって来ました。日本に来た当初は栽培方法が難しく自家用程度にしか栽培されていなかったそうですが今ではその栽培方法も確立されその生産量は毎年増加しているそうです。ル・レクチェの食べ頃は果皮が黄緑色から黄色く色づいたときです。熟れると果肉はち密で糖度も16度以上と高く酸味はそれほどでもなく甘みを引き立てる程度です。芳醇な香りも特徴的でラフランスとはまた一味違った洋梨の美味さを味わえます。かなりおすすめです。ご贈答品としてもおすすめです。お求めの際はぜひ近金果実店で!