トロピカルフルーツの女王と呼ばれているマンゴーは世界各地で作られていますが日本の宮崎県で作られているマンゴーは特に高品質ということで日本国外でも知られています。マンゴーと一言で言っても世界各地に様々な種類のマンゴーがありその分類もちょっと複雑なのでここでは省略させていただきますが宮崎県産のマンゴーはアーウィン種のアップルマンゴーという分類で表皮と果肉がりんごのように赤っぽいのが特徴です。宮崎県産のマンゴーは繊維質も少ないので非常に食べやすくきめ細やかな食感が高級品を連想させます。メキシコ産のマンゴーなど海外からくるマンゴーは輸出入の関係からまだ実が青いうちから収穫するので日本で販売されるときは多少は熟れてはいますがまだ実が青みがかっていたりしますが宮崎県産の完熟マンゴーなどは樹上において果実自らが完熟状態になり木から落ちるの待ってから収穫するのでその熟成された甘さはとろけるような甘さとか表現されたりしますね。宮崎県産の完熟マンゴーは見た目の美しさとその上質な味わいから高級品として贈答用に最適です。毎年宮崎県産の完熟マンゴー「太陽のタマゴ」は初競りのときに「うん十万円」の値段が付いたと話題になりますね。果たして今年はいくら値段がつくのでしょうか。太陽のタマゴはまだ入荷しておりませんが宮崎県産の完熟マンゴーは立派な品物が入荷いたしております。お求めの際はぜひ近金果実店で!