せとかの名前の由来は、農研機構によると育成地(長崎県口之津町)から望む地名(早崎瀬戸)、瀬戸内地方での栽培が期待されること及びこの品種のもつ良香にちなんでいるそうです。せとかは「清見」と「アンコール」をかけ合わせさらに「マーコット」を交配させたタンゴール(雑種の呼称)です。重みがずっしりとあり、内皮も外皮も非常に薄く、とてもジューシーで濃厚な甘みとトロっとした食感が「大トロ」と称される所以でもあります。せとかにもランクがあり良い品物は高級進物として高額で取引されます。一玉あたりの金額も決して安いものではありませんが一度口にするとまた食べたいという「せとかファン」は毎年この時期になると当店にもたくさんいらっしゃいます。当店では今現在、佐賀県産のせとかをお取り扱いしておりますがしばらくすると長崎県産のものも登場します。「せとかファン」もそうでない方もお求めの際はぜひ近金果実店で!