長崎県は佐世保近郊の僅か数件のみでしか栽培されていない江上文旦。江上文旦ファンは多く、入荷の問い合わせもよくあります。江上文旦の来歴の詳しいことは明らかではないとされていますが江戸時代に長崎県の東彼杵郡で偶発実生により生じたともされています。現在、江上文旦は日本の果樹古品種のひとつとして皇居東御苑にも植えられています。香りがよく、味は甘いというよりは爽やかな味という表現が適切かもしれません。果肉は硬めでほんのりとピンク色なのが特徴です。外皮の表面がツルツルとしていて果実の重量も800g程度もありますので贈答品としても喜ばれています。長崎県発祥の江上文旦、求めの際はぜひ近金果実店で!