紅玉は1800年ごろにアメリカニューヨーク州で発見されアメリカでは「ジョナサン」と呼ばれています。日本には1871年に北海道開拓使によって導入されましたが当初は地域によって呼び名が様々で「満紅」や「千成」、「チ印」など色々と呼ばれていましたが1900年に「紅玉」という名前に統一されました。紅玉を親として「ジョナゴールド」や「つがる」など多くのりんごが誕生しています。紅玉はあまり大きなりんごではありませんが香りがよく、程よい甘みとやや強い酸味が特徴で調理加工用として重宝されています。アップルパイやジャム、タルトやそれ以外の料理においても紅玉は欠かせない果物のひとつです。ご家庭においても料理やケーキを作る際に紅玉を探されているお客様によく出会います。お求めの際はぜひ近金果実店で!